忍者ブログ
道は険しくとも、口笛を吹きながら歩いていこう♪ 大腸がん手術を受けたのを機に書き始めた日記です。治療、再発の不安、人工肛門、いろいろあるけど生かされている今を大切に、明るく行きましょう!
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

木曜日、金曜日と東京出張だったんですが、木曜日の夜にホテルでシャワーを浴びていると
おなかの辺りにブツブツを発見!
よく見ると、おへその辺りは赤い水ぶくれが集中し 、おへその横から右脇を通って背中まで
ポツポツと広がっています。
痒みも痛みもほとんどないのですが、なんじゃこれは?
もしかして、帯状疱疹?

気になりながらも金曜日の会議を終了して、ちょっと東京散歩をしてから飛行機で帰り
土曜日に近くの病院に行きました。
結果は、やっぱり「帯状疱疹」でした。
注射を打って、薬と請抗ウイルス剤軟膏をもらって帰りましたが、だんだんと痛みが出てきました。
肋間神経に沿って出ているようで、痛みも肋間神経痛みたいな感じです(経験はないけど)
早く治ってくれるといいけど・・

免疫力が低下すると発症するらしく、高齢化、ストレスなどのほか、癌による免疫力低下も
可能性としてあるとのこと。ちょっと気になるなあ。
まあ、体調は悪くないので大丈夫だと思うけど。
来月は大腸がん主治医の先生との検診があるので、そのときに聞いてみることにしましょう。


PR
今日、明日とRFL(リレーフォーライフ)静岡 が開催されています。

富士山が正面に見える素敵な会場です。
今年はUストリームでのビデオ中継などもあり、知ってる顔、懐かし
い顔があちら、こちらに・・・妻と一緒に見入ってました。
昨年は参加できたのですが、今年は残念ながら・・・・
来年は行きたいなあ。

ということで、今年は自宅で過ごしているので、テレビを見ていたら末
期がん?患者のお母さんと家族をテーマにしたドラマをやっており、
それを観ながら、「そういえば私は手術のときに遺言を書いたなあ」
ということを思い出しました。
心臓などの手術ではないので、命に関わる手術とは思いませんでし
たが、大掛かりなものになるであろうことは想像していましたし、出血
があれば危険性もあるかなと重い、妻や二人の娘にあてて、ベッド
の上で遺言のようなものを書いたことと、ドラマのシーンが重なって
涙が出ました。

手術から3年半経過し、平穏な毎日が続くことに慣れつつありますが、
それでも確実に来年がくるとは考えることができないでいます。
でも、癌にならなければ、明日が来るということ、今日も生きていると
いうことが、こんなに もすばらしいと感じることは無かったでしょう。

RFLとは、そのすばらしさを思い出す日であり、多くの友人の支えに感
謝する日となりました。

8月12日、初めてのPET検査の結果を聞きに岡山へ。

今回も片道二時間以上かけて高速道路経由で病院にいきました。
今回は検査はなく、主治医の先生から検査結果を聞くことと、ストマ
外来を受けることになっていました。

まず、検査結果はというと、「異常なし」ということで、無事3年半が
経過しました。
PET画像を見たところ、確かに脳や腎臓、膀胱あたりが黒く映って
いましたが、これは糖類が集積しやすい部位ということで、異常では
ないとのことでした。
主治医曰く、脳みそが黒くなっていなかったら、かえってやばいそう
で・・・つまり、脳が活発に活動していないということらしく。

次の診察は来年の2月ということで、術後4年経過することになりま
す。PET検査では直径1センチ以上でないと反応しないことも多い
らしく、次は造影剤によるCT検査となりました。(精度が高まるらしい)

そんな感じで、診察自体はあっという間に終わりました。
でも、そのあと、主治医の先生からストーマでの「おなら」について、
聞かれました。
何でも、先生が手術した女性患者さん(まだ入院中)から、「おならの
音や臭い」が気になって外出できそうにないという相談を受けている
とのこと。

確かにストーマは肛門括約筋がありませんから、便やガスを止める
ことはできません。(出物、腫れ物、ところかまわずです(笑))
特に「おなら」の音は要注意で、会議中や映画館で音がしたら・・・と
思うこともあります。
ただ、ストーマを上から押さえるようにすると、少し音が聞こえにくくな
るようですし、50を過ぎた親父には、あまり恥ずかしいものもないと
いうか・・・・(まあ、開き直る余裕というか、覚悟ができたというか)
臭いも、パウチが剥がれない限り、おなら程度で外部に漏れることは
ないと思います。
(最近のガス抜きフィルタータイプであっても)
それから、ゆっくり噛んで食べるとか、においの強いものは外出時
には避けるなどの工夫もできます。

でも、今回の場合、女性ということで、特に神経質になられているの
だろうと思います。
服装にも制約がありますから、女性にはつらいのかも知れません。
同じ悩みを持つ患者同士、いろいろと相談に乗ってあげられると良
いのですが、男性の経験は、あまり参考にはならないでしょうね。
まもなく退院でしょうから、少しずつ外に出かけて、自信をつけてい
かれることを祈っています。

ストーマ外来でも、同じ話になりました。
それから、ストーマと皮膚の接合部分におできのようなものができ、
少し出血をする場所があるのですが、今回はそこを硝酸銀の
スティックで焼くような処置がありました。
出血がひどくなるようならレーザーなどで傷口を焼くらしいのですが、
今の状況なら硝酸銀による対症療法で様子を見ましょうということ
になりました。

夏は汗をかくので、パウチが剥がれやすくなります。
オストメイトの皆さん、早めのケアで夏を乗り切りましょう。



こんにちは

暑いですねえ・・・
昨日は、この田舎でも少し寝苦しい夜でしたが、
窓を開けているとやがて涼しい風が入ってきました。
 広島市内に住んでいる友人の話では、最近は朝でも29度に
なることもあるらしく・・・・
田舎に住んでいて、少しはよいこともあるようで(笑)

ところで、明日ははじめてのPET検査に行ってきます。
検査はいつもの病院ではなく、岡山市にある画像診断センターみたいな別の施設で
行います。
検査センターからの帰り道に飛び込み自殺をしてはいけないので、
結果は1週間後に病院で教えてくれるらしい。
主治医がいっていたけど、悪い冗談だよね(笑)


何も映っていませんように(祈)

 おひさしぶりです。

石垣島の写真までは用意したのですが、アップするまでにいたらず
あっという間に4月になってしまいました。
石垣島の件は近々・・

実は、今日は診察でした。
手術から3年が経過しましたが、結果は異常なしでした。
(正確には再発を認めないということですが)
手術のときには、リンパ節転移が多数あったので、先生も
再発のリスクはかなり高いと思っておられたようです
(今も高いのは変わりませんが)

再発するとすれば、3年以内が90%近いので、逆に言えば、
3年経過できたので10中8,9は大丈夫な領域(安全圏)に
近づいたと、言っていただきました。(嬉)

ただ、高リスクであることは変わらないので、8月に初めて
PET検査を受けることになりました。
これまでは骨盤内を中心にCT、MRI,エコーなどの検査を
行ってきましたが、転移のリスクを考えて、全身をスクリー
ニングしてみようということらしいです。
この検査で発見されたら・・・・・・まあ、考えてもしょうがない
のですが。
8月の検査で異常が認められなければ、次回の診察は来年
の2月ということで、6ヶ月間あいだがあくことになります。

ということで、8月までは病気のことは忘れて時間をすごしたい
と思います。
当面の目標は、6月に大分県の九重にミヤマキリシマを見に
登山に行く予定です。
その前に、決算と総会の準備を終えなければ・・・
あともう一息!がんばるぞ!






カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新CM
[03/04 Azazail]
[03/01 Abipanev]
[02/27 かや]
[02/17 かや]
[04/09 かめ]
最新TB
プロフィール
HN:
gueroguero
性別:
男性
自己紹介:
妻、娘二人(県外に就職)、愛犬(メス)と暮らす。
07年1月に大腸がんの宣告、2月に手術を受け、人工肛門となるとともに、抗がん剤治療を開始する。
がんになって改めて感じた、人の温かさ、日々の暮らしの大切さを日記に残したくてブログにチャレンジ。

バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析

HTML & CSS Designed by ittuan

忍者ブログ │ [PR]