忍者ブログ
道は険しくとも、口笛を吹きながら歩いていこう♪ 大腸がん手術を受けたのを機に書き始めた日記です。治療、再発の不安、人工肛門、いろいろあるけど生かされている今を大切に、明るく行きましょう!
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

永らくのご無沙汰です。

この2月末には術後7年間を経過するので、また岡山の病院で最後の検診の予定です。なので、それまではブログもお休みしようかと思っていましたが、ちょっと危ない病気にかかってしまったので、ご報告です。(でも元気ですよ)

その病名は、蜂窩織炎。ほうかしきえんと読みます。
原因菌は、ありふれた溶連菌。溶血性連鎖球菌のことですね。
この菌による感染症は子供に多く、喉の痛みや発疹など、比較的軽症ですので、子供の病気のように思われることも多いと思います。

私の場合も、最初は鼻水など風邪の症状から始まり、皮膚の発疹が出ることから始まりました。
ところが、それだけでは終わらずに、溶連菌は血液に入り、皮膚の下で繁殖したらしく、両足の甲が真っ赤に腫れて来て、39度近い高熱が急に出てきました。

血液検査の結果、溶連菌ということがわかり、急遽、抗生剤の点滴も開始され、二日後には熱もだいぶ下がりました。金曜日の午後に会社を早退したので、現時点で土日を挟んで5日間休んでしまいましたので、お医者様に「明日から出社しても大丈夫ですか?」と聞いたら、できれば今週一杯休んでくださいとのこと。
「熱も下がったし、腫れも少なくなったのですが」と聞くと、「普通の蜂窩織炎なら心配はしませんが、あなたの場合は劇症型溶連菌感染症の一歩手前ですから、注意が必要です」とのこと。

劇症型溶連菌感染症とは、別名人喰いバクテリアと呼ばれ、発症後数時間で死に至る場合もあるという怖い病気。
普通の蜂窩織炎なら、片足だけとかが発症するらしいのですが、私の場合は、両足の甲から始まり、両手、両足の付け根、両手の付け根がほぼ同時に赤くなってきたので、このまま進行すれば劇症型になってしまう危険性があると判断されたらしいです。
なので、今は体調は落ち着いていても無理すると再発する危険があるということらしいです。

はっきりはわかりませんが、大腸がんの手術で骨盤内のリンパ節を広範囲に切除しているために、免疫力が低下していたり、リンパ液がうまく流れないことも影響しているのかも。
ただでさえ、この時期は忙しくて、ストレスも高まる時期なので、気をつけないといけないのですが。

皆様も、風邪を馬鹿にしないで、発疹だとか異常が出たら病院に行きましょうね。






PR
1年間のご無沙汰です。(玉置宏です?)

少し前の話になりますが、3月に検診を受けました。
結果は異常なしでした。パチパチ
早いもので術後6年を経過しました。

次は8月にPET検査、そして何も問題がなければ来年の
3月の検診で7年間を経過することになり、岡山の病院との
おつきあいも終了となる予定です。

桜の季節になると、あと何回、花を見ることができるだろうかと
思っていました。それは今でもそうだけど、見る景色は違っているように
感じます。
まだ安心はできないけど、救っていただいた命、大切にしたいと
思います。
今日は昼から爆弾低気圧の影響で天気は荒れるらしいので、
桜もおしまいかもしれません。

そうそう、長女は今日から仕事でパリです。
地球は小さくなったものですね。
いつか、いけるといいけど。

では、今日はこの辺で。
この数ヶ月で、同じ部署で仕事をしたことのある知人、友人が三人も亡くなった。
今の仕事の創成期から30年近く、一緒に頑張ってきた仲間が。
二人は癌、一人は自死…

ストレスも責任も大きな仕事だったことに加え、我慢強い性格だったからなのかな?

僕の方が早く死ぬとばかり思ってた。
自分のことばかりで、周りの人への配慮ができていなかったのか…

そういえば、クッキーもいなくなったね。
いくらなんでも、続きすぎだよ。


生きている、生かされている、今このときを大切にしなきゃ…
そんなことを感じさせられた二月でした。


ZAZのライヴや繁昌亭の落語などを楽しんだ大阪ですが、マナーの悪さは相変わらずでした。

人で混んでいる商店街の中を平気で自転車でスピードを出して通り過ぎる人、タバコを吸う人…商店街は自転車の乗り入れ禁止にはなっていないし。

まあ、あのいい加減さ、緩さが魅力なのかも知れませんが…
他所者がとやかくいうべきことでは無いのでしょうが。
ちょっと残念。


ZAZのライブの翌日、大阪の繁昌亭に行って上方落語を聞いてきました。
朝席だったけど結構お客さんはいて、真ん中あたりで聞いていました。

さすがに後になるほど、「上手いな〜」と思わせるもので、話芸ですね。
テレビで有名な人ではないけれど、テレビの漫才やコントにはない素晴らしいものでした。
最後の演目は、本当に江戸時代の大阪にいて船に乗ってるようで、素敵な時間でした。

たった一人の話芸だけで、CGも使わずに、世界観を作り上げる…世界に誇れる芸術だと思いました。
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[03/04 Azazail]
[03/01 Abipanev]
[02/27 かや]
[02/17 かや]
[04/09 かめ]
最新TB
プロフィール
HN:
gueroguero
性別:
男性
自己紹介:
妻、娘二人(県外に就職)、愛犬(メス)と暮らす。
07年1月に大腸がんの宣告、2月に手術を受け、人工肛門となるとともに、抗がん剤治療を開始する。
がんになって改めて感じた、人の温かさ、日々の暮らしの大切さを日記に残したくてブログにチャレンジ。

バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析

HTML & CSS Designed by ittuan

忍者ブログ │ [PR]