忍者ブログ
道は険しくとも、口笛を吹きながら歩いていこう♪ 大腸がん手術を受けたのを機に書き始めた日記です。治療、再発の不安、人工肛門、いろいろあるけど生かされている今を大切に、明るく行きましょう!
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

12月1日は映画の日。
普段も毎月1日は映画が1,000円だけど、今日は特別らしいのです。

何が特別なのかって?
なんといっても、障害者手帳を持っていると無料なんです。しかも付き添いも一緒に。
事前の情報では障害者手帳を持っている私が無料になるのは聞いていましたが、
カウンターで手帳を提出すると、付き添ってくれた妻も無料でした。

ラッキー!

それで、なんと3本も見てしまいましたよ(笑)
貧乏性だねえ。
てれすこ(野次喜多道中がモデル)、マリア(キリスト誕生までの物語)、椿三十郎(黒澤映画のリニューアル)

てれすこは、素直に楽しめる正統派日本娯楽映画。
こんな映画があってもいい!と思いましたよ。
確かに昔の映画は、泣いて、笑って!って感じでしたよね。

マリアはちょっとマイナーな映画だけど、なるほど・・・って感じです。
英語のジョンという名前は、イスラエルではヨハネと読むのかあ・・・とかね。

椿三十朗は期待していた映画でした。
なかなか、よかったと思います。
個人的には藤沢周平の時代劇が好きですが、この作品を作った山本周五郎も読んでみようかな?
やっぱり脚本がいいのかもしれませんが・・・

映画ならではのヒーローって感じで、「てれすこ」とはタイプは違うけれど時代劇の正統派。
最近、邦画がいいなあと感じるのですが、これは年のせいでしょうか?
それ以外にも、時代劇や落語、神楽とか、そんなものが「いいなあ」と感じるのです。

とまあ、しっかり笑って免疫力もアップしたことでしょう。
オストメイト(人口肛門)になって、落ち込むこともあるけれど、今日は障害者手帳のありがたさを実感した1日でした。
来年は4本にチャレンジ?生きる楽しみが出てきた(笑)

PR
a79d7bc6.jpeg9月9日

主演 木村拓哉

妻と次女と3人で鑑賞。
上映の30分くらい前にいったら、長蛇の列!
こんなの正月映画以来かも。

さすが、キムタク!?
テレビドラマの映画化はフジテレビの得意技だけど、柳の下にドジョウは何匹も
いるんですねえ。
公開されるスクリーン数も邦画で最大らしいし、興行的には大成功かな。

内容的にも、登場人物のキャラクターがはっきりしていて、ドンパチはないけれど
しっかりした落ち着きのあるドラマになっているように思いました。
順番待ちだったので、結構前のほうの席しかとれなかったから心配したけれど、
ゆっくり見ることができました。
終って気になったのは、「あの意味ありげなUSBはなんだったのか?」ってことかな?
まあ、USBを求めてヤクザ風の連中が現れる設定にはなっているけれど、「それだけ?」
って感じも。次女も同じように感じたらしい。

また、次女は「踊る走査線」とダブってしまったといってましたが、確かにそんな感じも。
まあ、警察と検事という違いはあるけれど、スリーアミーゴーズみたいな癒し
キャラもあるし、イケメン主人公と美人の仲間、など類似点もいっぱい。
成功の法則にのっとった映画作りといえなくもないか。

個人的には、武士の一分のときのキムタクのほうが好きかな。
剣道をやってただけに体の動きもきれいだったし、。
これからどんな役者になるのか、楽しみではありますね。
b8b50c45.jpeg9月1日映画の日の2本目

主演は大沢たかお、伊東美咲
実在したプロウインドサーファー飯島夏樹さんをモデルにした映画。

僕が妻にどうしても見たいといって、1日に2本の映画鑑賞となることになった映画。
印象は「明るさ」でしょうか。

「がんに生かされてる」「どれだけ生きたかではなく、どう生きたか」なんて言葉、
本当に良くわかります。
がんになってなかったら、なんてことのない言葉だったかも知れないけど、
今なら良くわかります。
          
 そして、本当にそう思うし、そう生きたいと改めて感じ、勇気をもらった映画でした。
               
 (追伸)
この映画について、ある人のブログにコメントを書いたところ、なんとその人は
飯島夏樹さんの友人と、友人だということがわかりびっくり!
その「ある人」も乳がんと戦っているんだけど、ものすごく明るいし、文章も詩的で
すごく上手だし、オヤジギャグも満載。
               
明るさは、がんと戦うエネルギーだと実感!
平凡な毎日や家族に感謝しつつ、明るくいきたいものです。
                
cf3326f0.jpeg9月1日 映画の日の一本目
まあ、オストメイトは障害者手帳を交付されるから、いつでも映画は1,000円
なんですけどね。(同伴者も)
ただし、すべての映画館がこのサービスをしているかどうかは不明です。

主演はジャッキーチェンとクリスタッカー。
妻も私も昔からのジャッキーファン。
久しぶりに見たジャッキーの映画でしたが、さすがに年をとりましたねえ。

でも、アクションの華麗さ、楽しさはあいかわらず。
今回は、真田広之や工藤夕貴など日本やアジアの俳優がたくさん出演していて
監督としてのジャッキーの意気込みみたいなものを感じました。

あくまでもハリウッド受けする映画作りなんだろうけど、フランス人タクシー運転手役の                    
イヴァン・アタルの「アメリカは軍事力を背景に小さな国をいじめている」「あちこちで戦 
争を起こしている」なんてセリフは、単なるアクション映画とも違うものを出しているよう               
にも思えるし、そんな映画を許すのもアメリカの懐の深さですかね。
まあ、フランスとアメリカの仲の悪さを、からかっているようにも思えるけど。

アメリカ流のドンパチやって、人がたくさん死ぬようなハリウッド流ではない、
家族で安心して見られる楽しいアクション映画ってあっていいと思うし、
がんばってほしいね。
               
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[03/04 Azazail]
[03/01 Abipanev]
[02/27 かや]
[02/17 かや]
[04/09 かめ]
最新TB
プロフィール
HN:
gueroguero
性別:
男性
自己紹介:
妻、娘二人(県外に就職)、愛犬(メス)と暮らす。
07年1月に大腸がんの宣告、2月に手術を受け、人工肛門となるとともに、抗がん剤治療を開始する。
がんになって改めて感じた、人の温かさ、日々の暮らしの大切さを日記に残したくてブログにチャレンジ。

バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析

HTML & CSS Designed by ittuan

忍者ブログ │ [PR]