忍者ブログ
道は険しくとも、口笛を吹きながら歩いていこう♪ 大腸がん手術を受けたのを機に書き始めた日記です。治療、再発の不安、人工肛門、いろいろあるけど生かされている今を大切に、明るく行きましょう!
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

がんで亡くなった故山本孝史議員の「救える「いのち」のために」という本を読んでいます。
これから何回かに分けて、感想を述べてみたいと思います。

で、今回は「薬害エイズ問題」で有名な川田龍平議員との対談から・・・
(これは巻末にあるので、実は一番最後の部分ですが)

ここで特徴的なのは、お二人とも「命」をテーマに活動されてきたにもかかわらず、
山本議員は「先進国で認可されている抗がん剤は、日本での治験がなくても承認
すべきだし、自己責任での利用を認めるべき」との基本的立場であるのに対し、
川田議員は「国は安全を保障すべきであり、安易に自己責任という考えを導入すると、
企業はすべてを自己責任にするので、慎重にすべき」と主張している点です。
(私の理解の下で、要約しているので、詳細は読んで確認してください)

「薬害エイズ」や「抗がん剤イレッサでの副作用」など、「薬の安全」を脅かす問題が
実際に起きたことや、川田氏は自身が被害者になったことから、慎重になるのもわかります。
もしかしたら、エイズは薬の発達により、「死の病」から「付き合える病」になったことも
微妙な温度差になっているかもしれない・・そんな風にも感じてしまいます。

ただ、国に対し「絶対的な安全」を求めると、目の前で救えるかもしれない命には目をつむる
ことにもなるのではないでしょうか。
国も「絶対的な安全」を求められれば、起訴を恐れて、慎重になるでしょう。
薬害が起きれば起訴になりますが、新しい抗がん剤の承認が遅れても起訴にはなりません
から。少なくとも現時点では・・・

今朝の新聞でも、乳がんの予防としてのハーセプチンの承認に海外より1年9ヶ月も遅れたと
報道されていましたが、起訴はされませんね。
その期間に、いったい何人の患者が転移をしてしまったのか・・・・
それに対する責任は、誰が負うのか?

山本氏は本書の中で、以下のように述べている。
・がん患者や家族にとっては、「できうることはすべてした。未承認薬の使用が寿命を縮める
 ことになったとしても、自らの選択を悔やむことはなく、満足できる最後だった」という気持ち
 を持てること。
・がん患者と家族の満足度も、がん医療を考える際の、大切な視点です。・・・と

「薬害の防止」と「海外で実績のある未承認薬を(国内で治験しないで)使用すること」は
相反するものではないとも、山本氏は述べています。

あらっぽい発想かもしれないが、「欧米で承認されている抗がん剤は、まず保険対象治療と
して認めていくこと」は現実的な対応だと思う。
本質は、安全性ではなく、日本の官僚による患者不在の承認制度にあるのであり、システム
の問題として、政治家はとらえるべきだ。承認の遅れを、安全性議論でごまかしてはいけな
いのだ。
もちろん、患者は「国内での治験は終了していないこと」などのリスクを知った上で服用でき
るようにすべきだが。(自己責任ということになるのだろう)



PR
そうなんですよね
訴訟を起こしません・死んでもかまいませんって署名をしてでもいいから、新薬を使わせて欲しいです。だって、他にやりようがなくて、何もしなければ座して死を待つだけになってしまうんだもん。アバスチンという抗がん剤があるんですけど、今、大腸がんには認可されたんです。海外では乳がんにも効果が認められているのに、日本では乳がんには効果が認められないって認可してくれないんですよね。末期がんの患者って、待ったなしの状況なのに、それを安全だなんて・・・笑っちゃいます。自己責任でいいんです、新薬使わせて欲しいです。
ちょぴん 2008/04/17(Thu)08:23:55 編集
Re:そうなんですよね
ちょぴんさん、こんには!

未承認薬問題と同時に、混合医療の問題も取り上げてありました。
もうちょっと、勉強してブログにアップしますね。
最近、アクセス数がちょっと増えているのは、うれしいです。
だって、少しでも多くの人に知ってもらえるチャンスが増え
るということだから。
頑張ります!(笑)

【2008/04/17 19:14】
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新CM
[03/04 Azazail]
[03/01 Abipanev]
[02/27 かや]
[02/17 かや]
[04/09 かめ]
最新TB
プロフィール
HN:
gueroguero
性別:
男性
自己紹介:
妻、娘二人(県外に就職)、愛犬(メス)と暮らす。
07年1月に大腸がんの宣告、2月に手術を受け、人工肛門となるとともに、抗がん剤治療を開始する。
がんになって改めて感じた、人の温かさ、日々の暮らしの大切さを日記に残したくてブログにチャレンジ。

バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析

HTML & CSS Designed by ittuan

忍者ブログ │ [PR]