忍者ブログ
道は険しくとも、口笛を吹きながら歩いていこう♪ 大腸がん手術を受けたのを機に書き始めた日記です。治療、再発の不安、人工肛門、いろいろあるけど生かされている今を大切に、明るく行きましょう!
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今日は仕事を休んで、月に一度の検診のために妻と一緒に岡山へ。

なんだか、この検診って緊張するんですよね。
ロシアンルーレットみたいで・・・(笑)
これからも、毎月ルーレットを回すのかあ・・・

で、今回の結果は、とりあえずセーフ(らしい)。
マーカーは基準値に収まっていましたし、肝臓転移に関連する機能の数値も正常。
白血球が4430と少なめですが、まあいつものことだし。
風邪など感染症には注意しなきゃね。
リンパ球が58.2と高めでしたが、まあ低めより良いか(と勝手に納得)

また明日から抗がん剤治療が始まりますが、来月の検査が良ければ
抗がん剤投与はいったん終了らしい。
来月は血液検査だけではなく、CTやエコーもやるんだって。

で、CTとかMRIとかエコーとかの違いを主治医の先生に聞いて見た。
なんで、何種類もの検査をやるんだろう?って疑問に思ってたから。
で、私なりに理解したのは、以下の通り
※理解の仕方が間違っているかも知れませんが、これは主治医ではなく私の責任です。

なるほど、今日は勉強になった一日でした(笑)
それぞれに特徴、強み、弱みがあるということやね!
素人の質問に、わかりやすく答えていただいた先生!ありがとうございました。
来月は、CTでもエコーでもおとなしく受けさせていただきます。

(私が理解した内容)
1)X線を使って、その減衰率を判断するもの
  ①レントゲン・・体に垂直にパチリ!
           放射線が体内を通過して後ろのフィルムに写したもの。
           だから、奥行きがある患部は比較的写るが、放射線の進行方向
           に対し平面的な(垂直方向)患部は写りにくい。なるほど。

  ②CT    ・・体を輪切りにする形で放射線を照射し、体を通過した減衰率を
           コンピューターで処理して画像化したもの。
           輪切りなので、レントゲンよりも詳細に写る。
           また、シャッタースピード(?)を早くできるので、心臓など動きが
           ある臓器周辺も適している。(胸部など)
           でも、放射線量はレントゲンより、はるかに高いらしい。

2)電磁波を使って、その減衰率を画像化してから判断するもの
  ①MRI   ・・CTと同じように輪切りにできる。
           放射線の心配はない。
           磁石なのでペースメーカーがあると使えなかったり、
           大きな音がしたり、閉所恐怖症の人には不向き。
           機種によっては、シャッタースピードが遅いので、動きがある患部には
           適さない。
           血管関連にも適していたり、コントランスがはっきりしているというメリット
           もあるらしい。
           水素の少ない骨は写らないので、大腸など骨盤内臓器の撮影にも
           適している。

3)音波を使って、その減衰率を画像化して判断するもの
   ①エコー・・潜水艦のソナーと同じ理屈。
          音波の反射時間で、深度別に画像化できる。
          小さなものも見える(らしい)
          放射線被爆もないし、検査量も比較的安い。
          水分の少ない肺や骨などには向かない。

4)その他    PETやシンチ
          ・検査料金は高い
          ・放射性物質や糖分の特定部位への集積状況から判断する。
          ・全体を一度に見ることができる
PR
無題
こんにちは!
昨夜はコメントを下さいまして
本当にありがとうございました。
いかがされているのかなぁと案じておりました。
抗がん剤がスタートするのですね。
母はUFTを使用していますが、今のところ
副作用は無さそうです。
(でも私に心配させまいと、隠すので、本当のところは
私もよくわからないのですが・・・)
娘の入学式には来てもらいたいなぁと
願っているのですが、無理かなぁ。
広島と横浜。遠いから、無理かな・・・
guerogueroさんも、寒い時期ですから
風邪などひかれませんように。
おなかを壊したら大変ですからね!
気をつけて下さいね (*^_^*)
きぃ*URL 2008/02/06(Wed)10:05:01 編集
Re:無題
こんにちは!

私も抗がん剤はUFT+ユーゼルです。
これは比較的副作用が少ないらしいですよ。もちろん体質(?)
にもよるみたいですが・・・
私の場合も副作用らしい副作用は感じていないのですが、
あえていえば白血球が減少するので感染症には弱くなり
がちです。
それと、たまにお腹をこわしたり(食べ物のせいかも)、
くらいでしょうか。きっとお母様も大丈夫ですよ。

来週には東京方面に出張です。暖かければいいんですけどね。
マスクをして、予防体制を万全にして行きます。
なんせ、関東は人が多いですから!!(笑)
【2008/02/08 18:39】
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新CM
[03/04 Azazail]
[03/01 Abipanev]
[02/27 かや]
[02/17 かや]
[04/09 かめ]
最新TB
プロフィール
HN:
gueroguero
性別:
男性
自己紹介:
妻、娘二人(県外に就職)、愛犬(メス)と暮らす。
07年1月に大腸がんの宣告、2月に手術を受け、人工肛門となるとともに、抗がん剤治療を開始する。
がんになって改めて感じた、人の温かさ、日々の暮らしの大切さを日記に残したくてブログにチャレンジ。

バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析

HTML & CSS Designed by ittuan

忍者ブログ │ [PR]