忍者ブログ
道は険しくとも、口笛を吹きながら歩いていこう♪ 大腸がん手術を受けたのを機に書き始めた日記です。治療、再発の不安、人工肛門、いろいろあるけど生かされている今を大切に、明るく行きましょう!
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

28日の金曜日は岡山で終日会議があって、それから広島駅まで新幹線で戻って
職場の歓送迎会に参加!そこから、また東広島に戻りました。

歓送迎会では、食べすぎ飲みすぎには気をつけてたんだけど、どうしても
こういうときは油ものが多いですよね。
てんぷらとか、串かつとか、焼き鳥とか・・・
あまり食べはしなかったんだけど、やはり油ものがいけなかったのでしょうか・・・

歓送迎会が終って電車に乗ったところから、恐怖の物語が始まりました。
私が住んでいる町まで電車で40分くらい。
込んでたので立っていたのですが、何かストーマに違和感が・・・

そう!だんだん膨らんできているのです!
しかもガスではなく、物体が(笑)
やばい!!
私は想像しました。
「袋の容量って大丈夫?」「はがれたらどうしよう」
で、まずははがれないように、接着面をズボンの上から押さえつつ
重さを軽減させるためにパウチを少し持ち上げつつ・・・

人が見たら変なおっさんだったでしょうねえ(笑)
スーツのズボンが変に膨らんでるし、ズボンの上からさわってるし・・・・

で、なんとか恐怖の40分を耐え、停車駅に着いたときには、駅のトイレに
直行し、事なきを得ました。
家に帰ってからも冷や汗がどっとでて、疲れと安心感で寝てしまいました。

最近は、新しい凸面装具型のパウチの調子が良いので、ラッキーでした。
今回は、このアクシデントにもかかわらず5日間も持ちました。
もし、以前のタイプだったら、危なかったかもしれません。
ぞっとします。

今回の教訓
①安心できるパウチにしよう
②電車に乗るときは、トイレのある車両(ここらでは最後尾)にのろう
③外出先では、油物は控えよう
④やむをえず食べた場合は、少し時間を置いて、トイレに行ってから電車に乗ろう。
 たいていは数十分で、腸が動き出すのでトイレにけるかも。

ああ、こわかった(笑)
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新CM
[03/04 Azazail]
[03/01 Abipanev]
[02/27 かや]
[02/17 かや]
[04/09 かめ]
最新TB
プロフィール
HN:
gueroguero
性別:
男性
自己紹介:
妻、娘二人(県外に就職)、愛犬(メス)と暮らす。
07年1月に大腸がんの宣告、2月に手術を受け、人工肛門となるとともに、抗がん剤治療を開始する。
がんになって改めて感じた、人の温かさ、日々の暮らしの大切さを日記に残したくてブログにチャレンジ。

バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析

HTML & CSS Designed by ittuan

忍者ブログ │ [PR]