忍者ブログ
道は険しくとも、口笛を吹きながら歩いていこう♪ 大腸がん手術を受けたのを機に書き始めた日記です。治療、再発の不安、人工肛門、いろいろあるけど生かされている今を大切に、明るく行きましょう!
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

昨日の「世界一受けたい授業」で性差治療を取り上げてたけど、
遺伝子(染色体)の違いで、「男性は命にかかわる病気」になり
やすく、「女性は更年期以降に、偏頭痛や骨粗しょう症など生活
の習慣による疾患になりやすい」らしい。

性染色体のXには、免疫に関する遺伝子がたくさんあるらしい
んだけど、女性はXX型だから、片方のXに異常があっても、
もうひとつのXがカバーできるので免疫系の病気になりにくいら
しい。

一方、男性はXY型だから、Xに異常があったら修復不能なの
で、免疫力が弱くなりやすいらしい。
昔から、男の子のほうが病気になりやすかったり、一姫二太郎
というのは、このためらしい。逆に女性は花粉症になりやすい。
なるほど(ふんふん)

で、思春期を過ぎると今度は、女性ホルモン(エストロゲン)が
働いて女性を守るらしい。
女性は命を育む性なので、このような力が必要だったという
ことでしょう。
でも、閉経後は女性ホルモンの分泌がなくなるので、男女差が
少なくなるんだって。

じゃあ、女性ホルモンを体外から摂取するとどうなるか。
体内で分泌されるのと、体外から摂取するものの効果が同じ
かどうかは議論の分かれるところらしいけれど、ホルモン
補充療法というのはあるらしい。

食事で言うと、大豆イソフラボンが注目されているんだって。
たしか、エストロゲンと分子構造が似ていると聞いたことがあ
るけれど。

人間の体も大したもんだねえ(笑)
明日から、大豆飲料でも飲みますか。
がんばれ!私の免疫力!
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新CM
[03/04 Azazail]
[03/01 Abipanev]
[02/27 かや]
[02/17 かや]
[04/09 かめ]
最新TB
プロフィール
HN:
gueroguero
性別:
男性
自己紹介:
妻、娘二人(県外に就職)、愛犬(メス)と暮らす。
07年1月に大腸がんの宣告、2月に手術を受け、人工肛門となるとともに、抗がん剤治療を開始する。
がんになって改めて感じた、人の温かさ、日々の暮らしの大切さを日記に残したくてブログにチャレンジ。

バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析

HTML & CSS Designed by ittuan

忍者ブログ │ [PR]