忍者ブログ
道は険しくとも、口笛を吹きながら歩いていこう♪ 大腸がん手術を受けたのを機に書き始めた日記です。治療、再発の不安、人工肛門、いろいろあるけど生かされている今を大切に、明るく行きましょう!
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

手術を受ける病院を決めてから手術まで、一ヶ月もなかったと思います。
セカンドオピニオンのときに、「できるだけ早い日程でお願いします!」ってお願いして。

仕事の引継ぎをして、さあ入院。
手術までは暇だけどね。

前日だったかな?ストーマを設置する位置を測って、マジックでマーキング。
なんだか不思議な感じです。
手術の前日の夜には、一応遺書も書いておいたね。
リスクもゼロではないだろうし。

手術室に入って麻酔された直後までは記憶があるんだけど、すぐに意識朦朧。
で、目が覚めたときは手術室を出たところで、妻と娘がいたような記憶があるんだけど
次に気がついたときはICUの中。
後で聞いたところでは、手術は12時間にも及んだらしい。
内臓脂肪が多くてメスが切れにくかったり、リンパ節転移があるから、拡大かくせいをしたりで。
輸血は必要なかったらしいけど、先生たちも大変だったろうなあ。感謝、感謝です。
12時間も集中して仕事をする・・・・外科医は大変だよ。ほんとうにありがたいです。

ICUに入ったのは、たぶん夜中だと思う。
体中に色んな管が刺さってたんだけど、なぜか喉に入っているチューブが気になってね。
違和感があって、眠れないし、いらいらして「早くはずしてください!」とお願いしてた。
「痰が詰まったりしないようにするため」だったと思うけど、本当に苦しかった。
このままの状態が続いたら、気が狂うんじゃないかってくらい・・・
さらに、病室が空くのに時間がかかり、なかなか病室に入れなかったこともイライラを
増幅させたように思います。
今思っても、あの時間が一番苦しかった。時間の感覚もなく、意識も朦朧とし、でも感覚だけは
あるので「なんとかしてくれー」って感じ。
次に手術を受けるときは、喉のチューブはやめてほしいと思う。もしくは、麻酔で痺れさせてほしい。

病室に移ってからは比較的順調だったように思う。
「熱がなかなか下がらなかったり」「夜中に寝汗がすごくて、びっしょりになったり」はあったし、
「夜中に目が覚めて朝が待ち遠しかったり」ということはあったけれど。
手術の痛みも、まったくなかったし。麻酔が上手なのかもしれませんね。
でも、鼻の酸素チューブはすぐにはずしたけれど。鼻とか喉とかにチューブがあるのは精神的に苦痛でした。

何より看護師さんたちが、優しかったしね。
最初の頃は、しょっちゅう見回りに来てくれてたなあ。看護師さんも大変な仕事だね。
でも、とっても大切な仕事。尊敬してます。

そうそう、入院して数日はストーマのことは、まったく気にならなかったです。
便も出ないし、ガスも出ないし(笑)
初めて対面したときもショックもなかったし、「こんなもんかな」って感じ。
看護師さんも「梅干みたいなのが良いストーマ」なんていうもんだから、梅干に見えてくるし(笑)
手術前にブログで読んでた、楽楽4649さんの楽しい?ストーマとの付き合い方の影響かも(笑)
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新CM
[03/04 Azazail]
[03/01 Abipanev]
[02/27 かや]
[02/17 かや]
[04/09 かめ]
最新TB
プロフィール
HN:
gueroguero
性別:
男性
自己紹介:
妻、娘二人(県外に就職)、愛犬(メス)と暮らす。
07年1月に大腸がんの宣告、2月に手術を受け、人工肛門となるとともに、抗がん剤治療を開始する。
がんになって改めて感じた、人の温かさ、日々の暮らしの大切さを日記に残したくてブログにチャレンジ。

バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析

HTML & CSS Designed by ittuan

忍者ブログ │ [PR]